北海道 札幌 健康診断 スマイル健康クリニック(産業健診センター) 道内 健診 検診 料金 金額 価格 産業検診センター ドック

検査内容

太りすぎは、高血圧、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、痛風などの誘因になることがあります。
標準体重維持の努力をしましょう。

基本測定

身長・体重測定

太りすぎは、高血圧、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、痛風などの誘因になることがあります。 標準体重維持の努力をしましょう。
BMI指数とは,国際的に通用する体格指数として用いられている概念です。
BMIによる肥満度の判定は,身長でなく体脂肪と強く関連するとされます。

BMIの求め方
現在の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)BMI指数


統計上,BMI指数が22前後の人が最も病気になりにくく,死亡率も低くなっています。

肥満があり以下の検査数値が高いときはまず体重の減少を試みてください。

血圧の値が高い。これは肥満により、動脈硬化が起こったためです。心臓病や脳卒中の原因になります。
血糖が高い。肥満によりインスリンの働きが弱まり、糖尿病の可能性があります。
ALT(GOT)、AST(G
PT)、γ-GTP、コリンエステラーゼなど肝機能が高い。これは脂肪肝になってきている可能性があります。
尿酸値が高くなった。これは高尿酸血症にて通風や動脈硬化を起こします。
CRP(炎症反応)が高い。骨・関節の負担が増し、変形性の膝関節症になっている可能性があります。
WBC(白血球)が高い、肥満により免疫の働きが悪くなり細菌やウィルスに感染しているのかもしれません。

血圧測定

高血圧は生活習慣病の代表的な疾患です。体重のコントロール、ストレスの防止、運動、塩分制限に心がけましょう。
血圧は落ち着いたときに測るようにしましょう。
健診や病院で医師、看護師の前で測定すると「白衣高血圧」といって、いつもより上昇する人がいます。高めの人は自宅でも自分で血圧を測るようにしてください。

基準値 最高(収縮期)血圧 最低(拡張期)血圧
正常 130mmHg未満 85mmHg未満
境界域 140mmHg 90mmHg
高血圧 160mmHg以上 100mmHg以上


高血圧は肩こり、頭痛、めまい、動悸などが主な症状です。しかしまったく症状のない方が最も多いです。高血圧は血管の老化、動脈硬化に最も影響があります。症状がないからといって放置すると脳卒中、心筋梗塞などの致命的な病気を引き起こします。一回の血圧測定で、血圧が基準値より高かったからといって高血圧とはいえませんので、何回か測定する必要があります。高血圧と診断されたら、放置せずに生活習慣を改善する必要があります。

生活習慣改善チェック
食塩のとり過ぎ、タバコ、肥満、ストレス、運動不足、飲酒、寝不足、過労が主な原因です。タバコは血圧も上昇させますがそれ自体発ガン性もあるので禁煙がベストです。ニコチンパッチなど病院で処方を受けて禁煙を成功させましょう。

自宅で血圧を測定する(白衣性高血圧)
血圧は変動しやすいものです。特に健康診断や人間ドックなど病院や職場で測定すると、いつになく高い血圧の値を示すことがあります。できれば高血圧といわれたら自宅で血圧を一日に何回か測定して自分の血圧の変動パターンを知る必要があります。自宅にて130/85以下であれば医師の前でのみ血圧が高い白衣性高血圧の可能性があります。

視力測定

眼鏡等をお使いの方は健診時にお持ちください。
糖尿病、網膜剥離等が背景に存在する場合がありますので、
急激な視力低下には注意が必要です。

【視力検査】 視力の低下や見え方の異常は老化だけではありません。特に治療を必要としないものから、緊急に治療が必要なものまで様々です。視力の衰えなど見え方に変化が見られたら、眼科を受診してみましょう。最近はVDTの作業による目の酷使、更にそれらの作業の際に適した視力がないために肩こりなどを惹き起こすことがあります。
【眼底検査】 眼底の血管は、直接血管の状態を見ることができます。また、脳の血管と非常に良く似た変化を示すので、ここから脳の血管の状態を推測できます。
また糖尿病による糖尿病性網膜症、高血圧が原因の眼底出血、更には緑内障、白内障や黄斑部変性症なども見つかることがあります。
【眼圧検査】 眼圧検査は目の圧が高くなることにより生じる緑内障という病気の発見のために行われます。緑内障は他の生活習慣病と同じように最初は眼圧が高いのを放置しても問題ありませんが、次第に周辺の視野が失われてついには失明に至る恐ろしい病気です。

聴力測定

難聴の有無、その程度を検査します。
所見が認められる方には精密検査をお奨めします。

会話の周波数(1000Hz)と高音域(4000Hz)の検査を行います。高音域は早い人で30歳代から低下が始まります。急に耳が聞こえなくなったときは耳自体の病気や脳の病気の可能性があります。また騒音がひどい職場で長い間働いていた方も4000Hzの聴力が低下することがあります。

mailお問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ ©2007 スマイル健康クリニック All right reserved.